クレアチンの効果





クレアチンを実際に使ってみて、その効果と注意点をまとめてみます

注意点

※溶かし方にコツがある

単純にお湯で溶かしてもとけません
溶けない状態で飲むと内蔵にかなりの負担が掛かるらしい
溶かし方
① 鍋にお湯を50CCくらい(コップの3/1くらい)沸騰させる→クレアチン粉末を入れる(スプーン1杯)→酸味の少ないジュースで割って飲む
(スポーツドリンク、グレープ100%がおすすめ)

② マグカップに水を4/1入れる→電子レンジで沸騰させる→マグカップをとりだしたら即、クレアチンを入れる→かき混ぜる→酸味の少ないジュースで割って飲む

②のやり方は成功率が若干低いです、きちんと溶けてればOK


※1ヶ月間に1週間くらい使用をやめる(休止期を設ける)

クレアチンに体が慣れてくると、効果が薄まるらしい


※使い始めて2~3日で明らかに体重が増加する

水分による増加なので、体脂肪は増えません
見た目も明らかにマッチョっぽくなります
水分をたくさんとりたくなります


※筋トレの前か後に飲む

一番効果が出やすいといわれています


※トイレ(小)の回数が増える

体内の水分が増えると同時に出す量も増えるので腎臓に負担がかかるといわれています


効果

※瞬発力がアップする

※試合中や筋トレ中に、極限状態で力を出し切れる

※疲労の回復が早い

※筋肉の材料となる成分なので、筋トレの効果がアップする


以上です。

個人的な感想なので、これから使ってみたいと思う人は自分で色々調べてみてください



スポンサーサイト

スポンサーリンク

続きを読む

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。