ジャンプ力アップ報告

今日までやってきたトレーニングの成果を見る為に今日は完全に疲労を抜いてリングタッチで測定してみました


私のやっているトレーニングはサラリーマンとして仕事をしながら自宅で行うので器具を使用しません


下半身はジャンプアタックプログラムの中で器具を使用しないものを行っていますスクワット500回、フォワードランジ30×3セット、トゥレイズ30×3セット


などこれらをストレッチと織り交ぜながら行っています


ジャンプアタックプログラムの中の腹筋メニューだけではちょっと心もとないからです


トレーニングをする時は必ずNBAのDVDを流しっぱなしで行います これはモチベーションの為の雰囲気づくりです←結構大事


器具を使わないといいましたが、徐々にフォームができてきたら多少の器具は購入して使っていきたいと思っています


超回復の法則もきっちり守って行ってきましたが、やはり3日くらい間に休みをいれておこなうとスクワットが300回しかできなかったのが、次は350回 その次は400回と筋力アップしているのを感じることができました


個人差はあるでしょうが私の場合、脚関係のトレーニングは3日に1回、腕立てなど腕関係は2日に1回、腹筋は毎日のペースで行っています


自分なりに調べた結果、体の部位によって超回復周期が違うようなので・・・


今回は、4日ほど休んでジャンプ力を測定してみました 一人で体育館へ行き、軽くアップとストレッチをしてリングタッチ!


 ・・・・・・ うーん第一関節くらい・・・


以前と変化なし もう少しアップしてからジャンプ!!


第一関節と第二関節の間くらい・・・ 変化はないようです


ところが、次の日、クラブチームで練習があったのですが、そこで変化を感じました


明らかにリバウンド、ブロックショットが絶好調なんです


なんといいますか、わかったことが一つ


最高到達点は変化無し、でも垂直とびが変化アリなんです


助走つけて思いっきりとんだときは以前とかわらないのですが


一歩だけの助走でとんでもリングに届くようになりました


その場で助走無しジャンプはさすがに届きませんでしたが


でも、実際バスケのゲーム中に必要なジャンプはその場での垂直とび


ゲーム中に助走をつける暇などないですからね


でもこのブログのタイトルはダンクの夢にむかって!


最高到達点を上げなきゃ意味がない!


今までのトレーニングでは基本となる垂直とびはアップするが、最高到達点は上がらない・・・(上がらないって訳でもないけど)


何か新たなメニューを研究しなくては!


 JUMP ATTACK―The Formula for Vertical Game


 


 

スポンサーサイト

スポンサーリンク

続きを読む

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。