パワーフォワード→スモールフォワードへの挑戦

スポンサーリンク

続きを読む

最近、地元では最強のクラブチームの練習に参加しました


私の住んでいる地域には体育大学があり


その体育大学は私の県内では一番か二番目ぐらいに強いです


その体育大学のバスケ部はハンパじゃなく練習がきついのでやめる人も多々います


そのやめた人が何人かいるチームです


やめたといっても高校時代はどっかの県でインターハイ経験者とかなのですごい上手いです


この年になって、何を思ったのかそんなチームでまた自分に挑戦したいなんて思うようになり行ってみたのですが


ジャンプ力に挑戦することでバスケでもいろいろ挑戦したくなってきたのです


仕事も一段落ついたからでしょうか


(私は社内シスアドをやってます)


そこのバスケですが、スクリーンを主体とした攻めと、走るバスケが主な戦術ですが、いままでゴール下のプレーしかできなかった私には未熟さを痛感せずにはいられないものでした


あきらかに私にはフォワードプレイが物足りませんでした


とにかくもっと個人技を上達させたいと


とりあえずバスケの本を買って読んでみたのですが


これがその本です



最近のバスケの本はかなり進化しています


昔はルールとか本当の基本しか載っていなかったイメージですが


かなり、今はやり??の個人技の解説が事細かにかかれています


あひるの空なんか読んでいてもかっこいい個人技に私も憧れはしますが


とりあえず個人技を練習する為に購入しました


 この本を読んで練習すれば1ON1の技の引き出しが多くなります


ただ、付属のDVDを見てみたらトラベリングでは?と思うプレーがしばしば見受けられました  

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。