FC2ブログ

ミニバス練習試合とまとめ

ウチのチームはよそに比べて練習試合が少ない
チーム事情があるので何とも言えないが。
試合を沢山こなす事は試合慣れという点では良い、しかし練習を沢山こなす事は一人当たりのボールに触る時間やディフェンスフットワークをする時間で言えば試合より圧倒的に多い。
しかし、試合は短い時間だが、必死に一生懸命やる。練習をメインにチーム作りするなら試合以上の緊張感でそれぞれの1つ1つの練習をしなければならない
今後の課題と展開
1.ハンドリング継続、クロスオーバー養成(左ドリブル重要)
※一対一が強いというのはクロスオーバーができる事。クロスオーバーをするには左ドリブル重要
2.ジグザグドリブルディフェンス練習
一歩目、継続
※スタンスは段々広くなってきている
3.パスは必ず動きながらもらう事を徹底的に覚えさせる。トラベリングしないでミートする
→ドリブル無し2対2
4.一対一
ディレクション
ゴールラインあけない
スライドステップ力強いか?構えスタンスチェック
4.2対2ディナイゴールラインあけない
ビジョン 意識
※1線の心得
ディレクション
ドリブル止まったら、密着
※2線の3択
①抜かれた状態、競りあってる状態→カバー教える
蓋する

ハーキーで蓋する、色々な場所でやる
②ドリブル止まってプレッシャーの状態→
オーバーディフェンスパスコース
③シュート打たれた→スクリーンアウト
課題
リバウンド後のアウトレットパス
5.リバウンドジャンプ練習、肘を張る、膝を上げる、スタンス広く、サイドにガードがいる状態にして、アウトレットパス
ロングパスツーメンと同じ
6.ハーフマンツーマンでゴールラインとカバー教える
7.スクリーンアウトドリル 
今後は半身
一対一の状態でシュート打たせる、半身で中に入れない。姿勢は膝を曲げてバスケットスタンス、股関節から上はまっすぐを保つ
2秒カウント3で取る。
とった後、肘を張る、スタンス広く
取らない人は離れる。ミート準備、ガードは必ずサイドに開く!
その他練習メニュー
ミート
ボールをバウンドさせてそれに向かっていき、しっかりジャンプして、横ジャンプ、ストライドステップでキャッチする。バスケットスタンスでボールは後ろに引く
※ボール運び、横に動く、下がる、フロントチェンジ
ダッシュして急に止まる、クロスオーバー早く
オールコート1対2
※一番大事な事は自信を持つこと
ミートからレイアップ
コーチサイン シュート?ドライブ二択
パス練習各種 今後は対面パスよりも動きながらパス
スライドツーメン
三角パス
スクエアパス
ハーフスリーメン
スポンサーサイト

スポンサーリンク

続きを読む

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。